子宝ガイド┃婦人科や助産院等で高齢出産向けの不妊治療を受けよう

妊婦

分娩法を選びたい

妊婦

自分に合う分娩方法を選びたい、そんな時は分娩法の選択肢が豊富な聖ローザクリニックがおすすめです。理想に合った分娩法を選ぶことも、適切な分娩法をリードしてもらうこともできるので、安心して出産に臨めます。

子宝に恵まれるために

多くのママに選ばれている、安心の助産院がここにあります。赤ちゃんを優しく取り上げますよ。ご依頼はお気軽にどうぞ。

先生

体外受精は婦人科一覧でも紹介されている通り、不妊治療で最も一般的に行われている治療法となっています。これによって確実に受精卵を作ることができるため、あとはそれが子宮内に無事安定し、着床するかという所が重要となります。着床しやすいようにホルモン注射、ホルモン剤の服用など様々な方面からアプローチを掛けることで、不妊治療をより確実なものにすることができます。そうした努力を怠らないなどの助産院などの医療機関を選ぶことが、不妊治療を成功させる要素の一つにもなっているのです。

また、この場合は女性だけではなく男性の精子に問題があった場合でも対応できるというメリットがあります。男性の中には無精子症や極端に精子の活動が弱いというケースも多く、その場合は健康的な精子飲みを取り出し、卵子に直接受精させることで確実な受精卵の誕生をサポートしているのです。そうしたことから、男性も不妊治療に積極的に参加し、どちらに原因があるのか、また両方であったとしてもお互いに支えあうという意識を持つことが大切なポイントとなります。不妊治療を行う場合、ある程度年齢を重ねているというケース多いですが、体外受精は40代までは可能性を強く残している治療法となっています。治療に耐えられる体力、ホルモンバランスや子宮、卵子の活動が安定している間に行うことが望ましい不妊治療であることは確かなので、早めに行っておくべきテクニックでもあります。早期に治療を行うということは、スムーズな妊娠の可能性を上げるきっかけにもなる為です。

不妊治療体外受精

妊婦

不妊治療のなかでも特に体外授精は高額な医療費がかかるというイメージがあると思われています。実際、体外授精は、その前段階の人工授精での治療よりもはるかに治療費がかかってしまいます。

栄養療法

先生

栄養療法とは、医療機関に頼らない不妊治療のひとつであり、夫婦の食生活を整えていき、運動やストレッチ、サプリメントの摂取等で体を根本から妊娠しやすい状態にするというものです。