子宝ガイド┃婦人科や助産院等で高齢出産向けの不妊治療を受けよう

妊婦

不妊治療体外受精

妊婦

不妊治療のなかでも特に体外授精は高額な医療費がかかるというイメージがあると思われています。実際、体外授精は、その前段階の人工授精での治療よりもはるかに治療費がかかります。しかし、一口に体外授精といっても、病院よっても、その方法によっても費用は違います。特に採卵を行う方法と過去に採卵した胚を移植する方法では金額は大きく変わってきます。では体外受精をするための各ステップとその費用を紹介しましょう。(一口に体外受精といっても受精までに各ステップがあり、各ステップ毎に費用がかかってきます)

具体的ステップは「採卵:卵子を採取する」「培養:授精した受精卵を体外で培養すること」「移植:培養した授精卵を女性の子宮内に戻す。」「凍結保存:多くの卵子を採卵できた場合、次の体外授精のために胚を凍結して保存します」費用は概ね採卵までが15万~20万体外受精が30万前後となっているようです。この体外受精の費用項目は病院によって異なる場合が多く非常に分かりにくいというのが現状です。ちなみに某不妊治療専門のレディスクリニックでは総額費用がいわゆる「成功報酬型」になっていました。妊娠できた場合(50万半ば~60万弱:冷凍保存の有無でも違う)こにょうに体外受精による不妊治療は費用も不明瞭であることがやその施術内容が素人では分かりにくい事がな難点です。また、外受精による不妊治療には次のようなリスク「双子(多胎)の可能性が増える」を伴うことがあるため、受信される医療機関に充分確認の上納得の上での不妊治療が必要です